SWAT FX 検証・レビュー

最強システムトレード SWAT FX
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    | SWAT FX | 21:49 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
    最強システムトレード SWAT FX 特典付き
    0
      最強システムトレード SWAT FX 

      最強システムトレード SWAT FX 



      当サイトより購入頂いた方に特典としてFXツールを差し上げます!!
      最強システムトレード SWAT FXの特典内容はこちら




      FX市場はまさに戦場であり、勝つ者と負ける者の2者のみが存在します。


      誰しもが勝つ者に入ることを目標としているのに本物の「勝ち組」に出会った事はありますか?

      勝つ為にはどんなことでも同じであり、ビジネス、スポーツ、賭け事そして相場の世界でも同じ。

      戦略を立てる⇒実行⇒監視⇒修正・リカバリーを繰り返すこと。 

      そしてここぞと言うときは必ず勝利する事。

      ビジネスにおける優良企業は多角経営であって各部門戦略後の実行の中で監視、修正し負けが見えたときもその負けを最小限に抑える能力を持っています。

      そしてもっとも大切なのが「必ず負けない事」を持っています。

      シャー○でいう液晶テレビ


      マイク○ソフトでいうOS のように


      スポーツにおいても


      左ピッチャーでの打率が5割のバッター


      土のコートでは負けないテニスプレイヤー 等、得意や必ずに近い事を持っている者は月・年間等の一定期間において総合的にも必ず良い成績を残します。
      SPEED STAR FX FX生涯収入デイトレード法 EasyFX neo (メタトレーダー4 EA) REO-PRIMO・新基軸【遠距離俯瞰理論】ユーロ円FX自動売買 FXのシステムトレード FX TAKEOFF TRADING<完全マニュアル> ■10年連続プラス■超安定型シンプルシステムトレード【FX-BONDメソッド】 10万円からの秘伝!!デイトレ手法 プロトレーダーエコのハイブリッドエクセルシステム

      必勝SWATシステム ロジック


      8つの常勝システムとそれをリカバリーするシステム

      それぞれのロジックにおいて損切り等「負け」が発生時の法則検証結果からカオス理論に基づき開発されたリカバリーシステム。

      ポジションエントリー後予測とは逆に動いた場合、通常の損益決済も勿論発生しますが、
      ロジックに基づきリカバリーシステム発生時は逆ポジション保持、
      結果0損益もしくはプラス損益への誘導を行います。
      最悪でもほぼ損益決済時と同等の損失(スプレット分プラス損失発生)のみ発生


      変動時に稼動する2つの最強ポインティングシステム
      SWATシステムが3年以上常勝してきた最大の理由。
      それは急騰・急落における勝率98%以上の2つのシステム
      。月単位で平均数回の事ではありますが、急騰・急落はシステムトレードのみならず、
      相場運用においては最大の適でもあり最大のチャンスでもあります。

      そのような急騰・急落時に確実な利益を重ねる2つのシステムがあるからこそ
      SWATシステムは3年以上常勝しているのです。
      変動時に稼動する2つの最強ポインティングシステム

      SWATシステムが3年以上常勝してきた最大の理由。

      それは急騰・急落における勝率98%以上の2つのシステム。

      月単位で平均数回の事ではありますが、急騰・急落はシステムトレードのみならず、相場運用においては最大の適でもあり最大のチャンスでもあります。

      そのような急騰・急落時に確実な利益を重ねる2つのシステムがあるからこそSWATシステムは3年以上常勝しているのです。

      開発者
      ファンドマネージャー 木平 泉
      1989年 大手ヘッジファンド入社
      1995年 シニア昇格
      1997年 最大手級証券会社入社
      2003年 退社 個人トレーダーとして今日に至る
      開発責任者としてシステムのメインロジックを製作
      自ら数年の実績を積んでいたシステムを中心に各技術者と共にSWATシステムを開発



      統計学者 ベイズ理論専攻 東 陽一
      1992年 慶應義塾大学卒業
      同年   大手シンクタンク入社
      開発責任者 木平と共にメインロジック開発担当



      カオス理論学者 トーマス ヘイズJr
      1971年 シカゴ大学博士号取得
      1972年 大手シンクタンク入社
      1984年 カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS) 
      エントリー後、不慮の予測不能状況における平均収束値算出等のリカバリーロジックを設計



      MOT学者 矢追 健一
      1978年 マサチューセッツ工科大学卒
      同年から 同大学にてMOT研究チームに参加
      1980年 マイルウェルズ研究所 研究員
      1988年 大手コンサルティング会社入社
      2002年 退社 評論家・コメンターとして活躍中
      システム開発においてシックス理論におけるトータルリスクコントロールロジックを設計。

      • 1/1PAGES